子供が欲しいと思うようになりました

JV134_72A

意外と短い出産適齢期

芸能関連のニュースを見ていると、時々40~50歳くらいで出産をしたというような有名人の話が伝えられてきます。

時には60歳を超えてからも出産をすることができた女性のことをまるで英雄であるかのように持ち上げる話もあったりします。

確かにいくつになっても子供というかけがえのない存在を生み出すことができる女性はとても尊敬できる存在ですが、同時に「本当に母子の健康は大丈夫なんだろうか?」と思ったりします。

一説ではそうしたやたらと高齢出産を英雄視するような報道がこれから出産をしようとする女性に「あとでも大丈夫」という誤った安心感を与えてしまい、結果つらい出産になったり母子の健康を損なったりすることもあると聞きます。

常識的に考えても出産という大仕事をするためには持久力が必要ですし、急激な体重の増減に耐えるための基礎的な体力がないといけません。

そう考えるとやはり30歳までには一人は作っておきたいなというのが正直な気持ちです。

家族計画を話し合う

結婚を決心してくれた彼ともいろいろと今後の子供のことを話し合ってみました。

彼は自分がきょうだいに囲まれて過ごしてきたこともあってか、できれば何人か子供を作って一緒に賑やかに生活をしていきたいということを言っていました。

私はきょうだいはもう一人いるきりでしたが、一人っ子はちょっとさみしいなという気がするのでできたら2~3人は産みたいと思います。

時期や経済面での不安はありますが、子供はなによりの宝と思いできるだけ早くに健康に生むことができるよう自分たちなりに努力をしていきたいです。