東京駅をじっくり探索

71

東京駅そのものを見学してみる

福岡という地方出身者の私にとって、これまで東京駅というと新幹線などを使って訪れたときの通過点というイメージがありました。

ですが2014年で開業100周年とのことで大騒ぎになったニュースも耳に新しいように、東京駅という施設は実はそれ自体がひとつの観光名所であったりします。

特に2014年は100周年のアニバーサリー・イヤーということもあって、かなりあちこちで駅構内の観光案内方法を見かけることができるようになっています。

来年にはこのブームも収まっているかと思うので、見るなら2014年のうちがよいかもしれませんね。

レンガ作り建築に込められた思い

東京駅といえば、あの赤いレンガで囲われた外壁が最大の特徴になっています。

都内には東京駅よりももっと利用者数の多い駅もたくさんありますが、ここまで他の駅と明らかに雰囲気が異なっているところというのはありません。

東京駅は明治41年(1908年)着工の大正3年(1914年)開業の駅なんだそうです。

ちなみに東京駅は日本最古の駅というわけではなく、鉄道駅として最古なのが新橋停車駅、駅舎として最古のとされているのは滋賀県の長浜駅とのこと。

ただ東京駅丸の内駅舎は首都東京のシンボルということで他の駅とはまた存在意義が異なっており、平成24年(2012年)からは国の指定重要文化財として建築当時の設計に修復をされたという流れもあります。

つまり今私達が見ることができている東京駅は100年前の姿とほとんど同じものになっているということなんですね。

ただし耐震性などの問題もあることから建築方法そのものは近代的な設計方法をしつつ、外観を当時のものにするという方法になっています。

外観にある赤レンガは本当にレンガを積んで作っているものですが、表面の化粧レンガという構造になっており奥はきちんと鉄筋コンクリート製となってます。

レンガと並んで特徴的なのがスレート屋根ですが、こちらはレンガよりも忠実に再現されているようで、建築当時と同じ「天然スレート」という材質に取り替えられています。

参考>>東京駅丸の内駅舎 外壁の見どころ|Tokyo Station City

アニバーサリーグッズを買ってみる

限定品に弱いミーハーな性格をしているので、東京駅で販売されているアニバーサリーグッズもいくつか調べてみました。

東京駅100周年に合わせて「TOKYO BOX(トーキョーボックス)」というお店も限定オープンしており、そこでは今の時期しか買えないグッズがいくつも並んでいます。

以前大パニックになった記念Suicaはさすがに店頭にはありませんが、ファッショングッズはかなり充実しておりデザインTシャツやニット帽、手袋なんかが実際のファッションブランドと提携して制作されています。

私が気になったのがトートバッグで、イラストレーターの宮田翔さんのデザインによるかなり素敵なものがいくつも販売されていました。

他にもキーホルダーや菓子折りなど、いつも東京駅で見かけることができるアイテムにあえて100周年の文字をデザインしたものがたくさんあり、片っ端から買いまくりたい衝動をおさえるのに大変でした。

色々購入して家に帰ってから気づいたのが…家族に頼まれていたお土産でした。
すっかり忘れていたので、慌てて即日発送をしてくれるプチギフト屋さんを見つけて注文!
なんとか家族にそれなりのお土産をプラスして渡しことが出来てほっとしました。

こういうのは計画的にしないとだめですね…と改めて思うのでした。
参考>>プチギフト専門店のモモフク